January 18, 2019

1981年バーデンバーデン オリンピック史に残る日

ドイツ南部にバーデンバーデンという温泉地がある。
人口5万人ほどの小さなまちだが、観光と保養で欧州中に名前が通っている。
そのため、年に数回はテレビを観ているとその地名を聞くことがある。
その度にぼくはこの日のことを思い出す。
この日をきっかけに五輪は排他的エリート意識の産物から、プロ解禁による普遍的なスポーツの祭典へと変わっていくのだ。

今から38年前の1981年9月29日。
当時は西ドイツとよばれていた国のバーデンバーデンでIOCの会議、五輪コングレスが開催された。
五輪コングレスとは、IOC総会よりも規模が大きく、この先の五輪運動の根本からを話し合うための会議である。

実はバーデンバーデンでは、1988年冬季・夏季五輪開催地を決めるIOC総会も行われた。
「名古屋 ソウルに敗れる!」
というやつだが、今回は敢えて触れないこととする。

この当時、世はまさに東西冷戦下。
この前年に開催されたモスクワ五輪は、アメリカ、カナダ、西ドイツ、日本などの主要国がボイコットし、片肺に終わっていた。
(勘違いをしている人が多いが、イギリス、フランス、イタリアなど欧州の主要国は抗議こそすれど、モスクワ五輪に参加している。)

当時のIOC委員は現在のように、選手出身の委員よりも、欧州の王族や経済的な成功者が多くを占めるブルジョアクラブのようになっており、スポーツの世界、あるいは社会全体の動きに疎い連中の集まりだった。
そのため、IOCは、「モスクワ五輪ボイコット」を突如ぶちまけたジミー・カーター米国大統領(当時)を説得するでもなく、打開案を見出すでもなく、みすみす五輪の崩壊を指をくわえて見ていただけだった。

1980年にIOC会長になったばかりのアントニオ・サマランチは、銀行家から外交官になり、IOCに入った人物だが、社会の変化と現状を示そうと、五輪コングレスで初めて、現役選手に発言の場を与えたのだ。
このときIOCを舞台に、選手の立場から初めて演説をしたのがセバスチャン・コー。
世界に3人しかいないモスクワ・ロサンゼルスの両五輪で金メダルを獲ったコー。
ラミーヌ・ディアクの後の国際陸連会長を務める彼は、モスクワに選手を送らなかった国、送ることをじゃました国を痛烈に批判し、

「現代の五輪選手の負担は大きく、その犠牲は無視すべきでない。IOCには、選手への社会的配慮を保証する、道義的義務がある」

と訴えた。
さらには、近代五輪が誕生したときからの最大の課題、スポーツを通じて報酬を得る選手(いうなればプロ)の五輪参加を認めるかどうかのアマチュア問題を一刀両断していった。

そしてコーのスピーチは、IOC内部に選手委員会の創設をももたらし、コー自身が初代委員長になった。
選手には、現場で何が起きているかを一番良く知っている。
だから、現在は選手が互選した者が、IOCの委員にもなり、選手委員長はIOCの理事も務めている。

バーデンバーデンのIOCコングレスで選出されたIOC選手委員の初代メンバーがこの5人である。

キプチョゲ・ケイノ(ケニヤ)陸上競技金・銀メダリスト
スベトラーナ・オツェトバ(ブルガリア)ボート金メダリスト
トーマス・バッハ(ドイツ)フェンシング金メダリスト 現IOC会長
セバスチャン・コー(イギリス)陸上競技金・銀メダリスト 
ピーター・タルバーグ(フィンランド)ヨット選手

|

«2億3000万円どころじゃない 東京五輪招致費用は100億円