« 重傷のオーウェンの補償金は6億5000万円 | Main | W杯視聴者300億人突破 2002年を軽く超える »

June 27, 2006

またも因果応報? トッティのPKでイタリア ヒディンク監督率いる豪州を下す

W杯ドイツ大会 決勝T1回戦 イタリア対豪州は終了直前グロッソが倒されPK、1-0でイタリアが辛勝した。

3分と表示されたロスタイムも終了寸前という時間帯での悪夢。しかも、倒したというより、相手が引っ掛かって倒れたような反則。ヒディンク監督は「明らかにPKではない。疑問の残るPKにやられたということ」と強い口調で判定に異議を唱えた。 延長戦に入ることを想定し、監督得意の交代カードは2枚も残していた。対するイタリアは全交代枠を使い切り、「エネルギーを消費していた」(リッピ監督)状態。延長になれば、1人多い豪州の攻勢がさらに強まったことは想像に難くない。そのシナリオは延長寸前に崩れた。(時事通信)

イタリア対豪州の顔合わせが決まって、誰もが4年前の韓国対イタリアを思い出しただろう。
2002年6月18日 日韓大会の決勝トーナメント1回戦だった。
韓国の監督はもちろんフース・ヒディンク。
1対1から延長に入った。
延長前半終了間際、PA内でトッティが倒される、PKか?
おっと、逆にトッティにイエローカード、倒れたのがシミュレーションと見なされた。
この日2枚目のイエローカードとなったトッティは退場。
そして安貞桓の決勝ゴール。

先日のGLの韓国対スイス戦 韓国にとって不運なスイスの2点目に因果応報と書いたが、ヒディンクにとってこのイタリア戦は、やはり因果応報なのか?

▼不運なTBS
イタリア対豪州戦を地上波で中継したのはTBS。
日本が決勝Tに進んでいれば、ここに入ってイタリアと対戦していたのだ。
実は、2002年大会のときも日本が決勝T1回戦でトルコに勝っていれば、準々決勝の中継はTBSだった。
不運なりTBS、これも因果応報か?

|

« 重傷のオーウェンの補償金は6億5000万円 | Main | W杯視聴者300億人突破 2002年を軽く超える »

Comments

いつも読ませていただいています。

倒されたのはグロッソで
PKを蹴ったのがトッティーですね。

Posted by: Him | June 27, 2006 12:13 PM

Him様

ご指摘ありがとうございます。
早速直しました。

Posted by: 管理人 | June 27, 2006 02:36 PM

TBSの大株主は電通ですもんね。
まさに因果応報(笑)

Posted by: やぎ | June 28, 2006 12:14 AM

The comments to this entry are closed.

« 重傷のオーウェンの補償金は6億5000万円 | Main | W杯視聴者300億人突破 2002年を軽く超える »