« またも因果応報? トッティのPKでイタリア ヒディンク監督率いる豪州を下す | Main | フランス優勝に一票 »

June 28, 2006

W杯視聴者300億人突破 2002年を軽く超える

国際サッカー連盟(FIFA)のワールドカップ(W杯)テレビ放送権代理店は27日、2006年大会の全世界での視聴者総計が300億人を突破し、新記録となる見通しであることを明らかにした。

02年日韓大会の延べ視聴者数は288億人だった。ここまでの調査によると、4年前よりも女性の視聴者が40%増加。ホスト国の視聴者も前回より51%増えた。担当者は「視聴者数は前回よりずっと多く、いくつかの国で日々記録を更新している」と語った。

イングランド−パラグアイが、中国で6290万人も視聴していたことや、ブラジルの最初の2試合を同国内ではそれぞれ6050万人、5450万人が見たことなども報告された。(ロイター共同)

イングランド対パラグアイに、中国で6290万人もの視聴者がいたとは驚きだ。
この試合のキックオフはドイツ時間の15:00、つまり日本対豪州、日本対クロアチアと同時刻だ。
日本と中国の時差は-1時間。
つまり中国では土曜日の午後9時に試合が始まったということになる。
中国のプレミアの人気は非常に高い。好条件が重なったといえよう。
2002年時よりも、中国のテレビ普及率が極めて高くなったという要素もある。

▼トリノ五輪は31億人
一方、今年2月のトリノ五輪のテレビ視聴者数が約31億人と報告された。
IOCの理事会で発表されたもので、冬季大会では史上最多だった。
アジア・アフリカで冬季五輪が初めて放送された国もあり、前回ソルトレークシティー五輪から2.5%増えたという。

サッカー恐るべし

|

« またも因果応報? トッティのPKでイタリア ヒディンク監督率いる豪州を下す | Main | フランス優勝に一票 »

Comments

The comments to this entry are closed.