« W杯優勝イタリアの賞金は23億円 | Main | それでもMVPジダンの理由 »

July 10, 2006

フランスとイタリア9月6日に再び激突

今回のW杯決勝のフランス対イタリアは2000年の欧州選手権決勝(ロッテルダム)と同じ顔合わせとして話題になった。

この試合は1-0でイタリアリードの後半ロスタイム、フランスはビルトールのゴールで追いつき延長へ、トレゼゲがゴールデンゴールを決め、2-1でフランスが優勝したというものだ。
イタリアにとっては6年目にしてこのときの雪辱を晴らした。

ところが、フランス対イタリアが9月6日に再戦される。
というのも、2008年サッカー欧州選手権予選B組に両雄が同居してしまっているからだ。
この組は9月2日から予選が始まり、フランスはグルジアと、イタリアはリトアニアと初戦を戦う。
ほかにもウクライナ、スコットランドもB組に属するため、ドイツW杯の8強の内、3カ国が揃っている死の組だ。

2000年の欧州選手権は、史上初めてオランダとベルギーによる共催で行われた。
2004年はポルトガルの単独開催となったものの、オーストリア・ハンガリーの共催の組み合わせも名乗りを挙げていた。
2008年もスイスとオーストリアの共催で決まったが、他にもギリシャとトルコの共催、スコットランドとアイルランドの共催、ハンガリーとクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナの共催、ロシアの単独開催から選ばれている。

●欧州選手権 開催国と4強
1988年 西ドイツ大会 ①オランダ②ソビエト③西ドイツ・イタリア
1992年 スウェーデン大会 ①デンマーク②ドイツ③オランダ・スウェーデン
1996年 イングランド大会 ①ドイツ②チェコ③イングランド・フランス
2000年 ベルギー・オランダ大会 ①フランス②イタリア③オランダ・ポルトガル
2004年 ポルトガル大会 ①ギリシャ②ポルトガル③チェコ・オランダ
2008年 オーストリア・スイス大会 9月から予選開始

そういえば昨日のNHKのW杯ハイライトの中で、岩本テルが1-1で延長、PK戦でイタリアと見事当てちゃいましたね。

|

« W杯優勝イタリアの賞金は23億円 | Main | それでもMVPジダンの理由 »

Comments

フランスを応援していた身としては、今日の決勝戦はジダンの退場なども在り、とても残念でした。試合の途中からトレゼゲが投入され、6年前の再現を期待しましたが、そのトレゼゲがよもやのPK失敗で勝敗が決まってしまいましたね。
ユーロ2008の予選が9月から始まることは知っていましたが、イタリアvsフランス戦があるとは知りませんでした。これは楽しみですね!ただ、現役引退、代表引退が多いフランスは分が悪いです。

Posted by: オルサ | July 10, 2006 at 02:44 PM

オルサ様

コメントありがとうございます。
頭突きについていえば理由はどうあれジダンに非があるのは明らかですが、移民の倅であるジダンや、アフリカ系の選手にしかわからない部分をマテラッツィに触れられたのかな、と思います。

9月6日のフランス代表はかなり若返るでしょうが、会場はサンドニなんで楽しみですよ。

Posted by: 管理人 | July 10, 2006 at 03:23 PM

The comments to this entry are closed.

« W杯優勝イタリアの賞金は23億円 | Main | それでもMVPジダンの理由 »