トリノ2006

April 12, 2006

JOCはどこまで現場が見えている? 回転7位湯浅直樹 就職がない

トリノ五輪スキー・アルペン男子回転7位入賞の湯浅直樹(22)が「就職難」にあえいでいる。11日、母校の北海学園札幌高での五輪報告会に参加。会終了後、道東海大卒業後の所属先が決まらないことを明らかにした。「五輪で成績を残せばどうにかなるかと思っていたが、所属先がない」と複雑な心境を吐露した。(日刊スポーツ)

湯浅直樹といえば、4位の皆川健太郎ともどもアルペン回転で、猪谷千春IOC副会長以来50年ぶりの入賞を果たした選手だ。それでも就職先が見つからない。
冬季競技の選手の環境の悪さは、誰もが指摘しているところだ。
食いつなぐために、アルバイトに終われ、練習どころでない選手も多い。

この数日前、JOCの竹田恒和会長はトリノ五輪を総括してこんな発言をしている。
現場についてどこまで理解しているか疑問だ。
八木佑四郎元JOC会長(故人)は、スキー選手の就職先確保のために清掃会社 東京美装興業(株)を興し、この会社は堂々の上場を果たしている。
公家出身の現会長に、それまでの覚悟はあるまい。

<<日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は7日、メダル1個に終わったトリノ五輪について会見し、「惨敗だったと言わざるを得ない」と総括。2010年バンクーバー冬季五輪に向け、一貫指導体制による強化システムの整備、少数精鋭主義の選手団編成などの強化策を掲げた。
1988年カルガリー五輪から続いていた冬季五輪の入賞者数増加もストップしたが、竹田会長は要因として<1>長野五輪当時からの旧態依然の強化体制<2>若手育成の失敗<3>練習環境の不足<4>競技団体の甘い成績見通し<5>甘い選手選考基準――を挙げた。>>

| | Comments (0)

March 10, 2006

佐々木明 2位 W杯回転志賀高原焼額山

アルペンスキーのW杯志賀高原大会第1日は10日、長野県志賀高原焼額山で男子回転第8戦を行い、エースの佐々木明(ガーラ湯沢、北照高出)は合計タイム1分36秒83(1回目46秒81、2回目50秒02)で2位に入った。2位は日本選手の最高位タイで、佐々木自身1月24日のシュラートミング(オーストリア)で記録して以来通算3度目のW杯表彰台。
 1回目6位につけた佐々木は、2回目に果敢な滑りを見せ巻き返した。1位はトリノ五輪の回転と大回転を制したW杯総合首位のベンヤミン・ライヒ(オーストリア)で合計タイムは1分36秒66。トリノ冬季五輪4位の皆川賢太郎(アルビレックス新潟、北照高出)は14位、五輪7位の湯浅直樹(道東海大)は1回目で途中棄権した。(北海道新聞)

選手名

国名

1本目

2本目

合計

1

RAICH Benjamin

AUT

46.24

50.42

1:36.66

2

佐々木明

JPN

46.81

50.02

1:36.83

3

GRANDI Thomas

CAN

46.94

50.23

1:37.17

4

JANYK Michael

CAN

47.40

49.79

1:37.19

5

LIGETY Ted

USA

46.54

51.00

1:37.54

6

SVINDAL Aksel Lund

NOR

47.32

50.29

1:37.61

7

TISSOT Stephane

FRA

46.81

50.82

1:37.63

8

NEUREUTHER Felix

GER

47.02

50.62

1:37.64

14

皆川賢太郎

JPN

46.73

51.27

1:38.00

●アルペンW杯日本人の表彰台 年はシーズン終了時の年 
2.岡部哲也 88年 オプダル(NOR) 回転
2.佐々木明 03年 ウェンゲン(SUI) 回転
2.佐々木明 06年 シュラドミング(AUT) 回転
2.佐々木明 06年 志賀高原(JPN) 回転

3.岡部哲也 90年 シュラドミング(AUT) 回転
3.木村公宣 98年 ヴェイソンナ(SUI) 回転
3.川端絵美 93年 サン・アントン(AUT) 滑降←女子では唯一無二の表彰台

今回の佐々木明の2位は、自身3度目、しかも日本国内で開催されたW杯の最高順位でもある。
明日もレースがある。もう一度期待したい。

●参考記事
アルペンW杯に挑む

| | Comments (0)

January 17, 2005

岡崎朋美 3季振り日本新

スピードスケート短距離のワールドカップ(W杯)のカルガリー大会は15日、当地で最終日を行い、女子500㍍は岡崎朋美が37秒73の日本新記録で優勝した。
岡崎は自身が2002年ソルトレイクシティー五輪で出した従来の記録を0秒04更新した。
W杯の優勝は、2000年1月以来通算12勝目(同種目11勝目)

五輪のスピードスケートで日本人女子選手が獲得したメダルは3つあるが、短距離は長野五輪で岡崎朋美が獲った銅メダルが唯一である。
しかし、岡崎のメダルは偶然の産物ではない。岡崎の走りには日本女子スプリントの伝統がはっきり受け継がれていた。

低い姿勢からのスタートダッシュ。一般の人ならそれだけで難しい極限まで腰をかがめた静止状態から、数歩でトップスピードに乗せる技術。コースにひかれた曲線の上を綱渡りのように正確に刻んでいくコーナーワーク。いずれも世
界に胸を張れるテクニックだ。

距離によって専門化した1970年代から、世界に飛び出したのは長屋真紀子だった。
80年レークプラシッド五輪500㍍で5位。

そして橋本聖子が続く。オールラウンダーの名スプリンターは92年アルベールビル五輪で銅メダルをとったのは1500㍍。
短距離では88年カルガリー五輪500㍍の5位が最高だった。
W杯などでは米国のボニー・ブレアらと何度も好勝負を演じながら、本番でメダルをつかむことはできなかった。

橋本らが、ただ一人で世界と戦ったのに比べ、長野五輪当時は島崎京子と岡崎朋美と二人いることが強かった。
世界に通じる二枚看板が競うことで、レベルはさらに上がり、岡崎のメダルは島崎の存在にも支えられたともいえる。

その岡崎も長野五輪のあとは、タイムも低迷。
日本女子全体のレベルが下がる中、ソルトレークシティ五輪では日本選手最高順位の6位に入るも、まさか周囲もその後4年間現役を続けるとは思っていなかった。
が、今回の優勝で、4度目の五輪が視野に入ってきた。

なお、岡崎が4度目の五輪出場を果たすと、(94年、98年、02年、06年)冬季の女子選手としては最高タイとなる。
同じく4回の橋本聖子(現参議院銀議員)は冬季(84年、88年、92年、94年)、夏季(88年、92年、96年)と合計7回の出場を果たしている。

●女子500㍍日本記録の推移
42″94 長屋真紀子 77年 メデオ
41″48 小沢洋美  82年 メデオ
41″30 橋本聖子  84年 浅間
40″80 橋本聖子  85年 伊香保
40″74 橋本聖子  86年 軽井沢
40″35 橋本聖子  86年 メデオ
40″34 橋本聖子  87年 カルガリー
39″74 橋本聖子  88年 カルガリー
39″62 島崎京子  94年 カルガリー
39″47 島崎京子  95年 カルガリー
39″24 岡崎朋美  96年 カルガリー
38″92 岡崎朋美  96年 カルガリー
38″55 岡崎朋美  98年 長野
38″27 岡崎朋美  98年 カルガリー
38″02 岡崎朋美  00年 カルガリー
37″93 大菅小百合 01年 ソルトレーク
37″78 大菅小百合 01年 ソルトレーク
37″77 岡崎朋美  02年 ソルトレーク
37″73 岡崎朋美  05年 カルガリー

●日本記録保持者の五輪での成績
長屋真紀子
76年 43″88 7位
80年 42″70 5位

小沢洋美
84年 43″46 16位

橋本聖子
84年 42″99 11位
88年 39″74 5位
92年 41″32 12位
94年 出場せず

島崎京子
92年 40″98 7位
94年 40″26 10位
98年 1′17″68 5位(長野大会以降2回のレースの合計となる)

岡崎朋美
94年 40″55 14位
98年 1′17″10 3位
02年 1′15″64 6位

大菅小百合
02年 1′16″42 12位

| | Comments (0)