« シドニー五輪のサッカーアメリカ戦 PK負けの借りを返せ | Main | 冗長さと実況アナウンサーの不勉強の目立った開会式 »

August 08, 2008

北京オリンピック開会式は、中国から世界に発せられるメッセージに注目だ

五輪開会式というとどういった印象を持つだろうか。
五輪の中でも最も華やかなイベントであり、入場券も最も高額になる。
実はこんな意味合いもあるのだ。

五輪の開会式は、開催国から全世界に向けてメッセージを発信する唯一の場所である。
これまでの五輪でも開催国からこんなメッセージが発信されている。

例えば1964年東京五輪、最終聖火ランナーは坂井義則氏。
後にフジテレビで活躍する人物だが、原爆が投下された1945年8月6日に広島で生まれている。
当時19歳、「戦禍から立ち上がり、平和日本を象徴する若い力」を世界に披露した。

1976年モントリオール五輪 聖火は、17歳の少年(プレフォンテーヌ)と少女(へンダーソン)によりスタジアムに運ばれた。少年はイギリス系で、少女はフランス系だ。2人の手が1つの聖火を支え、力ナダの複合国家を象徴していた。
モントリオール市は、英語と仏語の二重言語都市であり、日本人選手を紹介する際の、JAPANに続けてアナウンスされるJAPONの耳慣れない響きが新鮮だった。
2人の青年は、カナダがボイコットしたモスクワ五輪の開会式にも現われた。その後結婚したという話もあったが、結局デマだった、。

1988年ソウル五輪 蚕室五輪スタジアムに入ってきた聖火は、孫基禎(当時76歳・故人)から、女子陸上のヒロイン・林春愛(当時19歳)に渡された。
孫基禎氏は、朝鮮半島の日本統治下時代の1936年・ベルリン五輪に日本代表として出場し、マラソンで金メダルを獲った韓国の歴史的な英雄である。
老雄から若いアスリートへのリレーは、新しい韓国の出発を意味した。

2000年シドニー五輪では、オーストラリアの先住民アボリジニの現役女子陸上選手、キャシー・フリーマンが聖火台に点火した。これは、オーストラリアが持つ多様な文化を表現していた。

とはいえ、近年の開会式の中で、最も印象深かったのは1996年7月、アトランタ五輪開会式ではないだろうか。
最終聖火ランナーとして姿を現したモハメド・アリは、パーキンソン氏病を患い、震える手を押さえながら聖火台に点火をし、世界中の感動を誘った。
アリが選ばれたのは病気を克服しようとしている姿をアピールするためだけではない。
舞台はアメリカ南部のアトランタ。人種差別を振り返り、人類の平等や平和を訴えるというさらに大きな意味を、アリを通して訴えていたのだ。

さて2008年8月8日
北京五輪開会式だが、中国政府はどんなメッセージを世界に送るだろうか。

・発展する中国
・多民族国家中国
・悠久の歴史を誇る中国

といったことが開会式で訴えられるだろう。
ただ、空気の読めない中国政府のことだから、チベットやウイグルなど少数民族から中国代表として五輪に出場した元選手が採火者で出てくる予感がする。

●近年の五輪開会式概略

大会

入場順

日本選手団旗手

日本の順番

最終聖火走者

1988年ソウル五輪

カナタラ

小谷実可子

116

孫基禎・林春愛

1992年バルセロナ五輪

フランス語のアルファベット順

中田久美

83

フアン・アントニオ・サン・エピファニオ

1996年アトランタ五輪

英語のアルファベット順

田村亮子

92

モハメッド・アリ

2000年シドニー五輪

英語のアルファベット順

井上康生

92

キャシー・フリーマン

2004年アテネ五輪

ギリシャ語のアルファベット順

浜口京子

57

ニコラオス・カクラマナキス

2008年北京五輪

漢字の画数順

福原愛

23

筆者の新刊発売中

Oly3_4

|

« シドニー五輪のサッカーアメリカ戦 PK負けの借りを返せ | Main | 冗長さと実況アナウンサーの不勉強の目立った開会式 »

Comments

The comments to this entry are closed.