« 陸上競技の短距離は、なぜ第1レーンを使わないのか | Main | 東京五輪招致に影響も 室伏広治IOC選手委員落選 »

August 21, 2008

ボルト200mで19秒30 200m世界歴代15傑

北京五輪陸上男子200m決勝でボルト(ジャマイカ)が、マイケル・ジョンソン(米)の世界記録を0秒02上回る世界新で優勝。100、200mの2冠達成とともに両種目で世界新も樹立した。

凄い走りだった。
マイケル・ジョンソンがアトランタ五輪の決勝で19秒32を出したときは、100年とは言わないが、クスリ以外では誰もここまでこれないのではないかと思ったが、12年で破られてしまった。
カール・ルイスのロス五輪以来の2冠達成。
今後は、400mも視野に入れているらしいが、走り幅跳びなんてどうだろうか。

記録

名前

国籍

競技会

1

19.30

ウサイン・ボルト

JAM

北京五輪

2008

2

19.32

マイケル・ジョンソン

USA

アトランタ五輪

1996

3

19.62

タイソン・ゲイ

USA

インディアナポリス

2007

4

19.63

ザビエル・カーター

USA

ローザンヌ

2006

5

19.65

W・スペアモン

USA

大邱ユニバ

2006

6

19.68

F・フレデリクス

NAM

アトランタ五輪2

1996

7

19.69

ウォルター・ディクス

USA

ゲインズビル

2007

8

19.72 A

ピエトロ・メンネア

ITA

メキシコユニバ

1979

9

19.73

マイケル・マーシュ

USA

バルセロナ五輪

1992

10

19.75

カール・ルイス

USA

インディアナポリス

1983

11

19.75

ジョー・デローチ

USA

ソウル五輪

1988

12

19.77

アト・ボルトン

TRI

シュツットガルト

1997

13

19.79

ショーン・クロフォード

USA

アテネ五輪

2004

14

19.82

C・マルティナ

AHO

北京五輪2

2008

15

19.83 A

トミー・スミス

USA

メキシコ五輪

1968

●五輪男子200m歴代優勝者 電気計時以降
1968 トミースミス USA 19.83 A ←今なお残るメキシコ五輪の怪記録
1972 ワレリー・ボロゾフURS 20.00 IOC委員で北京に来ている
1976 ドン・クォーリー JAM 20.22
1980 ピエトロ・メンネア ITA 20.19 アメリカ不在のモスクワは100も200も白人が勝った
1984 カール・ルイスUSA 19.80
1988 ジョー・デローチ USA 19.75
1992 マイク・マーシュ USA 20.01
1996 マイケル・ジョンソン USA 19.32
2000 コンスタンチノス・ケンデリス GRE 20.09 ドーピング?
2004 ショーン・クロフォード USA 19.83
2008 ウサイン・ボルト JAM 19.30

*トミー・スミスの19.83 AのAは高地記録

筆者の新刊発売中

Oly3_4

|

« 陸上競技の短距離は、なぜ第1レーンを使わないのか | Main | 東京五輪招致に影響も 室伏広治IOC選手委員落選 »

Comments

The comments to this entry are closed.