« 5大会連続して準々決勝で対戦する韓国とイラン | Main | 2018年冬季五輪招致はどうなっているか? »

January 26, 2011

英国は今(2) ハンドボール編

男子ハンドボールの世界選手権が開催されているスウェーデンで、25日にあるテストマッチが行われた。
その対戦は

英国五輪代表対スウェーデンU21代表で、25対34スウェーデンU21代表が勝利した。
スウェーデンはハンドボールの強豪のひとつだが、一方の英国のハンドボールの実績は、ゼロに近い。

ご存知のように英国においてさかんなスポーツはサッカー、ラグビー、自転車、陸上、競泳などで、バスケット、バレー、ハンドボールなどの球技はほとんど行われていない。
しかもUK(連合王国)としての競技団体がほとんど組織化されておらず、イングランド、スコットランドといった地域(国?)ごとの活動がほとんどだった。
2年後に迫ったロンドン五輪にも、なかなかUKとして準備が出来ていない。

ロンドン五輪のハンドボールは男女ともに12カ国だが、ホスト国である英国が出場すると決まったのは、実は今年になってからだ。
あまりにも実績がない(早いはなしが弱い)ため、五輪出場に相応しいかなかなか結論がでなかった。

五輪開催国は、各競技に予選なしに参加できることになっているが、例えば最近でもアテネ五輪(2004年)の男女ホッケーにギリシャは参加しなかった例などがある。
同様に英国のハンドボールは出場を見送るはなしもあったのだが、個々の選手がヨーロッパのその他の国のリーグに参加していること、英国におけるハンドボールの普及の一環として参加が認められた経緯がある。

2009年8月にフランスで、日本代表と英国代表が一度対戦したことがある。
20分ハーフの変則マッチだったようだが、日本が36-22で圧勝している。
英国は大型選手が目立ったが、他競技からの転向者が多く稚拙なチームだったようだ。

●ハンドボール英国男子代表 五輪出場 なし
世界選手権出場 なし
欧州選手権出場 なし

 

参考記事 英国は今 水泳編

 

|

« 5大会連続して準々決勝で対戦する韓国とイラン | Main | 2018年冬季五輪招致はどうなっているか? »

Comments

The comments to this entry are closed.