« 英国は今(2) ハンドボール編 | Main | ジャンプ団体日本優勝 »

January 31, 2011

2018年冬季五輪招致はどうなっているか?

2018年の冬季五輪の招致レースが佳境に来ている。
立候補している都市は

ミュンヘン・ドイツ
アネシー・フランス
平昌・韓国

平昌は2010年・2014年に続いて3回目の挑戦。
ミュンヘンは1972年に夏季五輪を開催し、冬季開催が決まれば初の夏冬開催都市になる。
東京の2016年夏季五輪招致を見てきた我々は、今後2018年冬季五輪招致がどのように運ばれるか想像がつく。
ますはIOC評価委員会による視察(インスペクション)が下記のような日程で行われる。

2月9~12 アネシー訪問
2月16~20 平昌訪問
3月1~4日 ミュンヘン訪問

そして5月に報告書が公表され、IOC総会を迎えるのだ。

5月18・19日 IOC評価報告書公開
7月6日 第123回IOC総会 南アフリカ・ダーバン 開催都市決定

IOC総会の開かれるダーバンは、昨年のFIFA W杯の開催都市でもある。
使われたスタジアムはモーゼス・マヒダ・スタジアム,。
面白いことに、ドイツ、韓国ともにこの地で試合をしている。

6月13日にドイツは豪州を0-4で下し、韓国は6月22日にナイジェリアと2-2で引き分けている。
これはドイツにとって縁起がいい!
と思ったら、ドイツは7月7日にダーバンで準決勝を戦い、スペインに0-1で敗れていたのだった。

果たしてダーバンで笑うのはドイツか、韓国か、はたまたフランスか?

|

« 英国は今(2) ハンドボール編 | Main | ジャンプ団体日本優勝 »

Comments

お久しぶりです。
今回も難しそうな招致レースですね。

ちなみに、
1988年夏季ソウル
1998年冬季長野
2008年夏季北京

ここまで3回連続で10年ごとにアジア開催になっている点。
初の冬季五輪開催国となる点からして
韓国になるのではないかと私は勝手に想像しています。

ただ、アヌシーが最初の投票で最下位になり、
最終投票で同じ欧州としてミュンヘンに入れば、
2010年や2014年の時のように
最終投票でピョンチャンが逆転されるという事も
考えられますよね。

筆者さんはどうお考えですか?

Posted by: 石井 | February 12, 2011 at 07:26 PM

ご無沙汰しています。

2018年は平昌とミュンヘンの一騎打ちになると
だれもが見ていますが、希望的観測でミュンヘンの
勝利を期待しています。

私自身、1972年のミュンヘン五輪の記憶があり、
ミュンヘンという響きに郷愁を感じるIOC委員が多くいそうです。
またオールドイツで招致活動している点もミュンヘン有利です。
平昌は、朝鮮半島情勢が不安定すぎます。

Posted by: 管理人 | February 13, 2011 at 12:58 PM

こんにちは。
久しぶりにコメントを残していきます。

国内の情勢は、"投票の結果は、見る必要がない"
勝利を確信している雰囲気です。
落選の可能性は想定しておりません。

条件上、ミュンヘンが勝利するのが当たるが、
平昌が3回連続の挑戦であるため、
可能性が高いようですね。

結局、今後100日の結果が気になりますね。

Posted by: Tokio | March 29, 2011 at 06:08 AM

こんにちは。

平昌は2018年冬季オリンピックの有力な候補です。
けれどもごめんなさい。
私はミュンヘンを推したいです。
なぜなら、1972年に開かれたミュンヘンの夏季オリンピックが私が初めて見たオリンピックであり、ミュンヘンという名前に郷愁を誘われるのです。

Posted by: 管理人 | March 30, 2011 at 01:38 PM

ああ、ただ、国内の情勢をお話しました
私もミュンヘンが好き
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
韓国は、やや危険な挑戦
雰囲気と経験の不足、
ミュンヘンが勝つことができる雰囲気ですか?

Posted by: Tokio | March 30, 2011 at 06:05 PM

不要なコメントを残したようです。
これを含めて3つのコメントの削除をお願いしま。

_| ̄|○

私もやはりミュンヘンを支持します。

Posted by: Tokio | March 30, 2011 at 10:17 PM

全然気にしないでください。
いつもTokioさんのコメントに感謝しています。

IOCの視察のとき、江原道は大雪でしたね。
一方のバイエルン州は雪不足でした。
運は平昌の方が強いかもしれません。snow

Posted by: 管理人 | March 30, 2011 at 10:19 PM

The comments to this entry are closed.

« 英国は今(2) ハンドボール編 | Main | ジャンプ団体日本優勝 »