« 鄭夢準敗れる FIFA副会長選 | Main | 世界ノルディック ジャンプ代表決まる »

January 10, 2011

貴乃花に負けたサッカー日本代表

カタールでサッカーアジア杯が始まった。
日本代表はヨルダン相手に引き分け、同組のサウジアラビアはシリアに敗れ、波乱含みのスタートになった。
 
日本代表はアジア杯を3回制している。
初めて優勝したのは1992年11月広島で開催された19年前のことになる。


舞台は広島ビッグアーチ、2年後に開催予定の広島アジア大会のメインスタジアムとして新規に作られ、収容人数は50000人。
2002年のW杯のために日本各地に大競技場が揃ったが、この当時サッカーのできる大競技場は国立競技場(56000人収容=当時)、神戸ユニバ競技場(45000人)と広島ビッグアーチしかなかった。

当時、日本代表のアジア杯での最高成績は1988年の1次グループ敗退、アジア大会でも4強止まり。
アジアで大した結果は残せていなかった。
が、この翌年1993年にJリーグの開幕を控え、1992年には最初のナビスコ杯が開かれるなど、Jリーグブームの兆しの中での大会だった。
監督は初の外国人監督であるハンス・オフト。

準決勝の中国戦を途中出場の中山雅史のゴールで3-2と競い勝ち、決勝では3連覇をめざしたサウジアラビアと対戦した。
立ち上がりから速いパス回しでサウジアラビア陣内に攻め込む日本代表。
前半36分、左サイドの三浦知良から出たボールを、ゴール前の高木卓也が胸で受けて落とし、そのまま左足でゴール。
1-0 サウジアラビアの3連覇を阻止し、初めてアジアを制した瞬間だった。

ところが、この試合の翌日 1992年11月9日(月)の全スポーツ紙の一面には何が来たであろうか?

貴乃花(当時貴花田)である。

貴花田は、1992年9月場所に2回目の優勝を果たし、11月場所は大関昇進が懸かっていた。
ところが、股関節故障を抱え初日から4連敗、その後持ち直して10勝5敗でこの場所を終えた。

貴花田の大関取りが持ち越された、というだけの11月8日のNHKの相撲中継の視聴率はなんと43.4%。
アジア杯 日本対サウジアラビアの試合は大相撲の裏でNHK衛星第一で中継され、視聴率は残っていない。

●日本代表先発メンバー
前川 (広島)←松永出場停止のため
堀池 (清水)
柱谷 (川崎)
都並 (川崎)
井原 (横浜)
福田 (浦和)
ラモス(川崎)
北沢 (川崎)
吉田 (ヤマハ)←中山ともどもJ以外から選出されていた
(勝矢 横浜)
三浦 (川崎)←まだ現役
高木 (広島)

●1992年の視聴率トップ10
順位 番組名(放送日)視聴率
1.紅白歌合戦(12月31日) 57.9%
2.おんなは度胸(10月3日) 48.8%
3.大相撲九州場所(11月8日) 43.4%
4.ひらり(10月6日)    42.5%
5.大相撲初場所(1月26日) 39.5%
6.君の名は(2月13日)   37.7%
7.プロ野球日本シリーズヤクルト×西武第6戦(10月25日) 36.7% 
8.ずっとあなたが好きだった(9月25日) 36.0% 
9.大相撲秋場所(9月25日) 35.8%
9.スターものまね王座決定戦(12月1日) 35.8% 
            
 

|

« 鄭夢準敗れる FIFA副会長選 | Main | 世界ノルディック ジャンプ代表決まる »

Comments

The comments to this entry are closed.