« オリンピック選手だった西郷隆盛 | Main | 平昌2018年オリンピック招致を決める »

July 05, 2011

2018年冬季五輪開催地明日決定 でも平昌の開催企画書は日本海を東海と書いているぞ

明日7月6日に2018年冬季五輪の開催地が決定される。
2010・14年と敗れ、3度目の挑戦となる平昌。
史上初の夏・冬開催をめざすミュンヘンの一騎打ちと見られる。

五輪招致の最後は、IOC委員のセンチメントで決まる。
ヨーロッパでは、よく言われることだ。
近年の五輪招致で、最終候補に残る都市なら、どこにでも開催する能力はある。
巨額のテレビ放映権料があるので、財政的なハードルは低くなった。
だからこそ、最後にものをいうのは、その都市と中心になって活動してきた人物が、IOC委員からどれだけ好感を持たれているか、ということだ。

3都市の招致委員長は
ドイツ カタリーナ・ヴィット
アヌシー シャルル・ベグベデール
平昌 趙亮鎬

ベグベデールと趙亮鎬は実業家、特に趙亮鎬は大韓航空の会長を務める韓国実業界の大物。
こうした日々多忙な人が、招致運動に積極的に関われたとは思えない。
2016年招致を目指した東京も石原都知事が、何をおいても招致のために世界中を駆け回ることができたか?
できていないだろう。
その点ヴィットは、フィギュアの競技活動は既に引退し、招致のトップとして十分な活動が出来たのではないだろうか。
1972年の夏のミュンヘン五輪は、イスラエル選手団を狙ったテロが起きた。
五輪史に残る汚点であり、今度こそミュンヘンに完全なる五輪を開催して欲しいと思っているファンは多い。

2018iocvote 

平昌がIOCに提出した開催企画書「PyeongChang 2018 Replies to IOC Questionnaire」を見ていたらとんでもないのを見つけてしまった。

地図上で本来「日本海」を表す海を全て「東海 East Sea」としているのだ。
「日本海呼称問題」というのを知っているだろう。
日本海という呼称を快く思わない韓国が、できれば東海、少なくとも日本海・東海の併記に持っていこうとする政治運動のことだ。

現在世界では日本海の名称は、当該海域の国際的に確立した唯一の名称であるとなっている。
これに対し韓国政府は、
韓日両国が共通の名称で合意に達するまでは、両方の名称を併記して使用する事が最も望ましい。
としてきたはずだが、平昌招致にあたって東海の単独表記をしてくるとは思いもしなかった。
他の国の人間(特に日本人なんだが)が「東海」という文字を見て、進んで平昌に投票しようと思うだろうか?

私が韓国での国際競技会を快く思わないのは、他国に対するrespect、hospitality、modestyが感じられないからだ。
こうしたことが未だに判らないようだ。


Eastsea
▲PyeongChang2018Replies to IOC Questionnaireより 日本海と東海の併記どころか、東海としか記されていない。


●4年前平昌がソチに敗れたときはこんな記事を書いた
ソチが平昌敗る 2014年冬季五輪 聨合通信は相手に対する敬意がなさすぎでは?

|

« オリンピック選手だった西郷隆盛 | Main | 平昌2018年オリンピック招致を決める »

Comments

The comments to this entry are closed.