« ウクライナの血を引く大横綱大鵬幸喜逝く | Main | IOC理事会は何故レスリングを除外したか① 見えてきた密室会議  »

February 11, 2013

2014年ソチ五輪 女子アイスホッケーの組み合わせ

昨日、女子アイスホッケー日本代表は、長野五輪以来16年ぶりの五輪出場を決めた。
本番であるソチ五輪に出場する8カ国は次のような2組に分けられている。

A組 カナダ フィンランド スイス 米国
B組 ロシア スウェーデン ドイツ 日本

これが意味することは、世界ランクの上位4カ国がA組、下位4カ国がB組ということだ。
これまでの五輪では、A・B二つの組にランキングの上位から交互に割り振られてきたはずだから、今回のソチ五輪は珍しい試みをすることになる。

A・B総当たりの3試合を行い、準々決勝はA組3位-B組2位、A組4位-B1位が対戦する。
A組の1・2位は準決勝から登場する。
こうなると、B組の日本が2位をめざすには2勝が目安になる。
一方、準々地元ロシアがA組の列強を崩せるかも見所だ。

女子のアイスホッケーは1998年の長野五輪から正式種目となった。
この大会で日本は

対カナダ 0-13
対フィンランド 1-11
対中国 1-6
対米国 1-10
対スェーデン 0-5

の0勝5敗、6カ国参加の6位に終わった。
しかも得点2、失点45という完敗だった。
ソチ五輪では、まず1勝が目標となろう。

●1998年長野五輪
1.米国
2.カナダ
3.フィンランド
4.中国
5.スウェーデン
6.日本

●2002年ソルトレークシティ五輪
1.カナダ
2.米国
3.スェーデン
4.フィンランド
5.ロシア
6.ドイツ
7.中国
8.カザフスタン
・中国はカザフに2-1で勝利。

●2006年トリノ五輪
1.カナダ
2.スェーデン
3.米国
4.フィンランド
5.ドイツ
6.ロシア
7.スイス
8.イタリア
・イタリアはカナダに16-0で大敗し、日本が持っていたワースト失点記録を超えた。

●2010年バンクーバー五輪
1.カナダ
2.米国
3.フィンランド
4.スェーデン
5.スイス
6.ロシア
7.中国
8.スロバキア
・中国はスロバキアに3-1で勝利。

|

« ウクライナの血を引く大横綱大鵬幸喜逝く | Main | IOC理事会は何故レスリングを除外したか① 見えてきた密室会議  »

Comments

The comments to this entry are closed.