« 戦後4回目のオリンピック開催をする日本はアメリカに次ぐ開催回数 | Main | IOCは東京五輪に保険をいくらかけるだろうか? »

September 23, 2013

スペイン 今度はバルセロナで冬季オリンピックか?

マドリードが2012年から3大会連続で五輪招致に失敗したスペインの話だ。
ザビエル・トリアス・バルセロナ市長が、2022年冬季五輪の開催地に立候補する意向を表明している。
1992年夏季五輪の開催経験がある同市が招致に成功すれば、史上初めて夏冬両五輪を行う都市となる可能性がある。同市長は「経験があり、準備もできている」と語った。

先に帰したようにマドリードは3連敗だが、スペインとして見ると驚くべき事実がある。

1998年冬季 ハカ
2002年冬季 ハカ*
2004年夏季 セビリア
2008年夏季 セビリア*
2010年冬季 ハカ*
2012年夏季 マドリード
2014年冬季 ハカ*
2016年夏季 マドリード
2020年夏季 マドリード
と、なんと五輪招致9連敗中なのだ。(*は書類選考で落選)


太陽の国スペイン、マドリードよりは北東にあるとはいえ、バルセロナの1・2月の平均最高気温は14度、もちろん雪など降る訳がない。
アイスホッケーやフィギュアを市内で行うとしても、スキー競技はピレネー山脈に行かなければできないが、バルセロナで冬季五輪とは、なかなか大胆な発想だ。

実際にスキー競技はハカに行かないとできないだろうが、3回招致失敗しているハカの名前では難しい。
そこで1992年の夏季五輪を成功させたバルセロナ+ピレネーとして招致の準備をするというもの。
 
2022年はバルセロナ夏季五輪からちょうど30周年になる。
記念行事の一環として今度は冬季五輪を、という意味合いもあるようだ。

随分と広域開催だが、現在の五輪憲章では冬季五輪に限っては、国境をまたいでの開催すら認められている。
2018年の冬季五輪開催をめざしたオスロ、2006年冬季五輪をめざしたヘルシンキは、それぞれスキー競技をリレハンメル(一部トロンハイム)で行う計画を持っていたが、いずれも最終立候補都市に残れなかった。
冬季であっても広域開催は現実的ではないということだ。

ちなみにバルセロナは 北緯41度22分57秒

ここよりも南で行われた冬季五輪は

ソルトレイクシティ 北緯40度45分0秒
長野 北緯36度38分
の2ヵ所がある。

Jaca_3

Aがスキー競技の南限?ハカ。
その右下にバルセロナが位置する。
2006年冬季五輪開催地のトリノ、2回冬季五輪を開催したインスブルック、初の夏冬五輪開催を目指すミュンヘンはそれぞれここにある。

|

« 戦後4回目のオリンピック開催をする日本はアメリカに次ぐ開催回数 | Main | IOCは東京五輪に保険をいくらかけるだろうか? »

Comments

The comments to this entry are closed.