« 新・冬季五輪の記憶⑤  朝鮮半島出身者が過半数を占めた1936年冬季五輪スケート日本代表 | Main | ソチ五輪 主将は葛西、旗手は小笠原 »

January 08, 2014

葛西紀明 22年間で3センチ身長が伸びている

冬季五輪の史上最多、7度目の五輪出場となる41歳の葛西紀明は身長177センチ。
19歳で初出場したアルベールビル五輪時の174センチから3センチ伸びている。
ジャンプはスキー板の制限があるため身長は公称ではなく実測値。
さすがは葛西だ。40歳過ぎても競技力だけでなく、身長も伸びている。

葛西は4年後の平昌五輪出場にも意欲的だ。
もしも出場すると45歳。
8回の五輪出場は夏も含めて世界最多タイ。
日本人冬季五輪出場最年長記録 越和宏を超える45歳8か月での出場となる。

●葛西紀明 7回の五輪の年齢、所属先、身長
1992年 葛西紀明(19)(地崎工業)174センチ
1994年 葛西紀明(21)(地崎工業)174センチ
1998年 葛西紀明(25)(地崎工業)175センチ
2002年 葛西紀明(29)(土屋ホーム)176センチ
2006年 葛西紀明(33)(土屋ホーム)176センチ
2010年 葛西紀明(37)(土屋ホーム)177センチ
2014年 葛西紀明(41)(土屋ホーム)177センチ

●大会ごとの結果
Kasai


|

« 新・冬季五輪の記憶⑤  朝鮮半島出身者が過半数を占めた1936年冬季五輪スケート日本代表 | Main | ソチ五輪 主将は葛西、旗手は小笠原 »

Comments

The comments to this entry are closed.