« ドーピングスキャンダルでアディダスに逃げられた国際陸連 | Main | ボブ・ヘイズ 五輪金メダルとスーパーボウルを制した唯一の男 »

February 08, 2016

スキーのW杯 日本人最多勝利は高梨沙羅の41勝 続くのは荻原健司の19勝

W杯を冠したスキーの競技会は多く存在する。
アルペンスキーが最も古く、1966年~67年のシーズンに始まった。
他種目に比べても随分と古い。

当時アルペンスキー界は4年に一度の冬季五輪、2年に一度の世界選手権、そして3大クラシックといわれるアールベルク・カンダハー、ラウバーホルン、ハーネンカムの競技会があった。
この3大クラシックを含めて、アルペンスキーのシーズンの王者を決めようとW杯が始まった。
そのモデルとなったのは自転車のツールドフランスだったといわれている。

その後、他種目でも生まれたウィンタースポーツのW杯は、いずれもシーズンを通してチャンピオンを決めようとするもので、ジャンプが1980年から、クロスカントリーが1982年から、ノルディック複合が1983年のシーズンから始まった。

日本勢のW杯初勝利は1980年1月、札幌・大倉山で開かれたジャンプ90m級(LH)の八木弘和氏で、ひと月後のレークプラシッド五輪70m級(NH)で銀メダルに輝いた。

競技別にみると、ジャンプの103勝がトップ。複合が29勝、モーグルが12勝。
世界の壁が立ちはだかるクロスカントリーとアルペンは未勝利。(スノーボードも10勝以上勝っているが詳細不明。)

日本人選手の最多勝はジャンプ女子の高梨沙羅の41勝。(2016年2月6日現在)
続いて複合の荻原健司が92~96年の4シーズンで挙げた19勝。
43歳のジャンプの葛西紀明が17勝、長野五輪金メダリスト船木和喜が15勝と続く。

モーグルでは五輪で金、銅メダルを獲った里谷多英が2勝であるのに対し、五輪では4位が最高順位の上村愛子が10勝を挙げている。

ちなみにジャンプの最多勝はグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)の52勝、不倒の勝利数と言われたマッチ・ニッカネン(フィンランド)は46勝。
高梨がこの調子で行くと、今季中にニッカネンを超える可能性がある。
 
ノルディック複合では、ハンヌ・マンニネン(フィンランド)が48勝、かつて最多勝利だった19勝の荻原健司は9位まで落ちている。

ちなみにアルペン界での最多勝はインゲマル・ステンマルク(スウェーデン)の86勝。
これを超える選手は出てこないだろうと思っていたが、リンゼイ・ボン(米国)が76勝で背中が見えて来た。

●スキーW杯日本人勝利数
Fiswc


|

« ドーピングスキャンダルでアディダスに逃げられた国際陸連 | Main | ボブ・ヘイズ 五輪金メダルとスーパーボウルを制した唯一の男 »