« リオ五輪 日本選手団最長身はだれだ? | Main | リオデジャネイロ五輪はこれを見逃すな③ テコンドー大国は韓国かそれともイランか? »

July 19, 2016

リオデジャネイロ五輪ではこれを見逃すな② ライアン・ロクテよりも速く泳いだ葉詩文は果たしてリオでも勝てるのか?

リオ五輪に出場する選手のエントリーが7月18日に締め切られ、各国の選手団が固まった。
中国は、416名と地元開催だった北京五輪に次ぐ大規模選手団を派遣する。

一方、自他ともに認めるユーラシア大陸のもう一つのスポーツ大国であるロシアは、全ロシア選手のリオ五輪出場も危うくなっている。
というのもWADAの調査チームは、ロシアの多くのスポーツで約5年間にわたり検体をすり替えるなどの手法でドーピングを隠していたとする報告書を公表、これを受けてWADAはIOCやIPCに対し、ロシア全選手のリオ五輪・パラリンピックへの出場登録を拒否することを検討すべきだと提案したのだ。

多くの人は、ロシア以外にもドーピング違反が行われていると思っているだろう。
実際に、発表になった中国選手団にも灰色の選手がいる。

ロンドン五輪競泳女子400m個人メドレーで、4分28秒43の世界新記録をマークして金メダルを獲得した中国の葉詩文に、五輪当時ドーピング疑惑が持ち上がった。

というのも男子の400m個人メドレーに優勝したライアン・ロクテの最後の自由形の記録が58秒65であるのに対し、葉詩文が58秒68とほとんど変わらなかったというのだ。
とくに最後の50mは、ロクテが29秒10、葉詩文が28秒93とロクテを上回っていた。

いくらなんでもそれはあり得ないだろう。

Yeshiwen

葉詩文の2011年の世界水泳の同種目の記録が、4分35秒78で5位だったことからも、いくら伸び盛りの16歳でも、1年間で7秒も記録を縮めることは考えにくい。

英国の高級紙ガーディアンは、「薬物使用が疑わしい」とする米国の著名なコーチであるジョン・レナードのコメントを伝えた。

これに対し中国側が「ロクテは2位以下を大きく引き離していたため、最後に力を抜きタイムが落ちていた」と反論した。
国際水連は、ガーディアン紙の報道は事実無根と葉詩文を擁護した。
葉詩文は200m個人メドレーでも金メダルを獲ったが、最後の50mは29秒32。

200m自由形、400m自由形の金メダリストの最後の50mの記録と比べてもその異様な速さが判るだろう。

●最後の50mの記録比較
400m個人メドレー 金メダリスト 葉詩文(中)28秒93
200m個人メドレー 金メダリスト 葉詩文(中)29秒32
400m自由形 金メダリスト ムファト・カミューユ(仏)30秒32
200m自由形 金メダリスト アリソン・シュミット(米)29秒26


ロンドン五輪から4年。
20歳になった葉詩文の今季の400m個人メドレーのベストは4分45秒80。
この記録はなんと世界92位だ。

中国国内のランクも4位、
葉詩文の200m個人メドレーの今季のベストは2分12秒01。
こちらは、中国の国内ランクは1位だが、世界ランクは20位。
ご存じのようにナショナルエントリーは1種目2名だが、葉詩文はリオ五輪の200m個人メドレー、400m個人メドレーともにリオデジャネイロのプールを泳ぐ。
果たしてどのくらいの記録で泳ぐのか?
世界中が注目している。

|

« リオ五輪 日本選手団最長身はだれだ? | Main | リオデジャネイロ五輪はこれを見逃すな③ テコンドー大国は韓国かそれともイランか? »