« アジア大会の記憶③ 中国から帰化した小山ちれ 鄧亜萍を下し初のアジア女王に | Main | 池江璃花子はどこまで迫れるか?アジア大会 競泳最多金メダルは10個 »

August 16, 2018

アジア大会の記憶④ 北島康介初の世界記録と大会MVP

北島康介はその競泳人生において、4個の五輪金メダルと5回の世界新記録を出した。
世界記録は100m平泳ぎが3回、200m平泳ぎが2回。
その初めての世界記録が2002年釜山アジア大会の200m平泳ぎ決勝だ。

1982年9月22日生まれだからこのとき20歳。
日本人による競泳の世界記録は、1972年のミュンヘン五輪で金メダルを獲った男子100m平泳ぎの田口信教氏、100mバタフライの青木まゆみ氏以来30年振りだった。

2002年当時の世界記録は、米国のマイク・バローマンが、バルセロナ五輪の決勝でマークした2分10秒16。
ちょうど10年間更新されず、最も古い世界記録だった。

●男子200m平泳ぎ決勝
①北島康介 (日体大) 2.09.97 世界新
②木村太輔 (近大)  2.13.60
③ラタポ  (タイ)  2.15.81

この年6月の日本選手権では、世界歴代3位の2分10秒64を出し、世界記録を視界に入れた。が、8月末に開催されたパンパシフィック選手権を右ひじ痛のため棄権。
挫折を経て成し遂げた世界記録だった。

この大会で北島は100 m平泳ぎ、200 m平泳ぎ、4×100mメドレーリレーの3つの金メダルを獲得。大会MVPに選ばれている。

ハンガリーのギュルタは、ロンドン五輪の200mを世界新記録で制したが、実はその8年前、アテネ五輪の同種目に、北島康介が金メダルを取ったレースでは若干15歳にして銀メダルを獲っている。
これは男子の競泳での最年少のメダリストだ。
ロンドン五輪では、ノルウェーのダーレ・オーエンが金メダルに最も近いと思われていたが、五輪の数カ月前に急死した。
ギュルタはオーエンの両親に金メダルのレプリカを贈っている。
Screenshot_20180816074046


|

« アジア大会の記憶③ 中国から帰化した小山ちれ 鄧亜萍を下し初のアジア女王に | Main | 池江璃花子はどこまで迫れるか?アジア大会 競泳最多金メダルは10個 »