ラグビー

December 16, 2015

森元首相 19年ラグビーW杯で新国立が使えなくて100億円払う!?

ラグビーの2019年W杯日本大会組織委員会の森喜朗副会長は15日、メーン会場として想定した約8万人収容の新国立競技場が使えなくなったことで生じる減収分を補うため、組織委が国際統括団体のワールドラグビーに「100億円を払う」と東京都内での講演で述べた。
さらにその内訳について、大会協賛宝くじと、日本スポーツ振興センターからの助成金が原資になると説明したという。

この記事、一部の新聞でしか取り上げられておらず、海外のメディアでは全く触れられていない。
恐らく、14日に新国立競技場の2案が公表された際に、森氏はB案がいいと言ってしまい、馳文科大臣等に窘められた。
その目くらましに適当なことを言ってしまったのではないか。

ラグビーのW杯は、五輪やサッカーW杯とは少しシステムが異なる。

一口で言うと、ラグビーW杯は開催地の負担が大きい。
開催国は、まず、国際統括団体のワールドラグビー(WR)に、大会拠出金9600万ポンド(約180億円)を払わなければならない。
そして、スポンサー料やテレビ放映権料も全てWRが手にする。
WRは、得た拠出金をW杯後4年間のWRの活動資金とするのだ。

一方、大会組織委員会の主な資金源はチケット収入がほとんどで、こうした収益構造がより大きな会場で、高額な入場券という形で、会場を整備する自治体やラグビーファンの負担を大きくする。

2019年の日本大会で、新国立競技場が建設計画の白紙撤回で使えなくなったが、文部科学省によると入場料収入の減少は約20億円と試算されている。
8万人収容の新国立では開幕戦や決勝など7試合を行う構想だったが、開幕戦は5万人収容の味の素スタジアム、決勝は7万2千人収容の日産スタジアムに変更になった。
5週間に及ぶ大会を通して、入場料収入は200億〜260億円になると見込まれている。

近年、五輪でも開催国は政府による赤字補償を求められるが、同じようにWRは、入場料収入が大会拠出金を下回った場合=赤字になった場合、サッカーくじから最大36億円の助成金が入ることが決まっていた。
さらに文科省は、新国立競技場が使えないと分かった時点で、サッカーくじを運営している日本スポーツ振興センター(JSC)に対して20億円を追加するよう要請している。 

北は札幌市から、南は熊本市まで、日本大会は12の都市が会場になっているが、各自治体は3億円という拠出金を負担し、合計36億円は、大会組織委員会に入る。
もちろん、自治体が行うラグビー場の改修費などはこれに含まれていない。
さらに、財界から総額38億円を目標に集める寄付金を募る予定だ。

以上のように2019年の日本大会の入場料収入が芳しくなくて、WRに拠出金が払えなかった際に初めて補填というはなしが出て来るのであって、森氏の100億円は、思い違いか、理解不足ではないだろうか。
もしくは、ザハ・ハディッドに支払う違約金がほぼ同じ金額であるので、混同しているのではないだろうか。

●サッカー、ラグビーの主な大会の1試合あたりの平均観客数

①1994年 サッカーW杯アメリカ大会 68,991
②1980年 モスクワ五輪サッカー 56,926
③1988年 サッカーユーロ西ドイツ大会 56,656
④2014年 サッカーW杯ブラジル大会 53,592
⑤2006年 サッカーW杯ドイツ大会 52,401
⑥1968年 サッカーユーロイタリア大会 52,183
⑦2015年 ラグビーW杯イングランド大会 51,621
⑧1966年 サッカーW杯イングランド大会 51,094
⑨1970年 サッカーW杯メキシコ大会 50,124
⑩2010年 サッカーW杯南アフリカ大会 49,670

サッカー、ラグビーの主な大会の1試合あたりの平均観客数をまとめてみた。
ベスト10の内、サッカーが9、ラグビーが1だが、その1が今年のイングランド大会だ。
イングランドは、史上初めて開催国ながら決勝トーナメントに進めなかったが、大会そのものは大成功。
1試合当たりの平均観客数は、50年近く前のサッカーW杯イングランド大会とほぼ同じという興味深い結果が出ている。
1966年のサッカーW杯イングランド大会は、サッカーの母国であるイングランドで初めてW杯が開催され、イングランドが初優勝を飾った大会である。
その伝説のW杯とほぼ同じ観客を集めた、イングランドのラグビーファンの懐の深さが窺い知れる。


|

October 19, 2015

ラグビーW杯 4強はアシックス2、アディダス、ナイキ

ニュージーランドに、カンタベリーというブランドのアパレルメーカーがある。
ラグビーのジャージのブランドとして、世界的に有名だ。
かつて、ニュージーランドに旅行に行った日本人は、カンタベリー社製のオールブラックスのレプリカジャージをお土産に買ったものだ。

ところが2009年、アディダス社がオールブラックスの公式サプライヤーになると突然発表された。
10年間で総額7000万ドル以上という大型契約である。
2011年に地元ニュージーランド開催のW杯、2015年のイングランド大会、さらに2019年の日本大会までアディダスを使うということ。
これをきっかけにラグビージャージ=カンタベリー社 という図式が崩れていった。

きょう未明、イングランド大会のベスト4が決まった。
組み合わせと着ているジャージのブランドは以下のようになる。

 10月25日 南アフリカ(アシックス) VS ニュージーランド(アディダス)
 10月26日 アルゼンチン(ナイキ) VS オーストラリア(アシックス)

W杯史上4強に北半球の国(協会)が残れなかったのは初、ついでにカンタベリー社ジャージのチームが4強に残れなかったのも初めてとなる。
アシックスが2か国のサプライヤーになれたのも快挙だが、そのどちらも勝ち残っているのは快挙だ。
アシックスがオーストラリアと交わした契約額は、ニュージーランドがアディダスと、イングランドがカンタベリーと交わした契約額に次ぐ巨額なものらしい。
南アフリカのラグビーファンは、元々アシックスのジャージに替えたことに不満だった。
それに加えて、アシックスの本社のある国に、初戦で歴史的敗北をするとは思ってもみなかっただろう。

●ラグビーW杯 公式ジャージブランド
(BLK) サモア、トンガ、フィジー、米国、ルーマニア
(カンタベリー) イングランド、アイルランド、日本、ナミビア
(アディダス) ニュージーランド、フランス、イタリア
(アンダーアーマー) ウェールズ、ジョージア、カナダ
(アシックス) オーストラリア、南アフリカ
(マカロン) スコットランド
(KooGa) ウルグアイ
(ナイキ) アルゼンチン

|

October 08, 2015

かつてのラグビー日本代表には、NZ代表として日本を破った選手までいた

ラグビー日本代表の話題となるとどうしても出て来るのが、外国出身選手がいること。
私自身は、全く気にならないし、ラグビーとはそういうものだと思っているが、納得いかない人もいるみたいだ。
過去に日本代表には、これだけの外国出身の選手がいた。

●ラグビーW杯日本代表 海外出身選手数
1987年2名
1991年2名
1995年4名
1999年6名
2003年4名
2007年9名
2011年10名
そして2015年大会は10名。
加えて松島幸太朗は南アフリカ出身、父親はジンバブエ人で母親が日本人だ。
確かに少し多いかな。

ただ、主将のリーチマイケルのほか、トンプソンルーク、アイブスジャスティン、ホラニ龍コリニアシ、ツイヘンドリックは日本国籍保持者である。
見分け方としては、苗字前の間に「・」がある選手は外国籍。ない選手は日本国籍保持者となる。

長く五輪種目ではなかったので、国籍を重く見ないのがラグビーだ。
資格のルールも「代表強化に外国人を補強」という発想を前提としていない。

現在の規定では
・当該国で出生していること
・両親、祖父母のひとり以上が当該国で出生していること
・直前の3年間、当該国に居住していること
のいずれかを満たせばいいことになっている。
ただ「ひとり生涯に一カ国(協会)のみ」*という条件が付く。

かつては「ひとり生涯に一カ国(協会)のみ」と言う条件はなかった。
ということは、他の国(協会)の代表としてW杯に出場した選手が、ほかの国の代表としてW杯に出場することが可能だったのだ。

1995年のW杯は南アフリカで開催され、同国が地元優勝し大いに盛り上がった。
この大会でニュージーランドに挑んだ日本が、17-145という記録的大敗をしたことは、知っている人も多いかもしれない。
驚くべきことは、このときニュージーランド代表にいたグレアム・バショップとジェミー・ジョセフが、4年後の1999年大会では、日本代表としてW杯に参加したこと。
彼らは日本の社会人チームサニックスに所属し、3年以上日本に居住という条件を満たしていた。
ただし、あまりに都合がいいということで「ひとり生涯に一カ国(協会)のみ」が、その後付け加えられた。

もう一つ
余り知られていないが、日本代表のHCエディー・ジョーンズは、日本人の血を引いている。
エディー・ジョーンズは、1960年、軍人の父テッドさんと日系人の通訳、母ネリーさんの間に豪州タスマニアで生まれている。
選手としては、ニューサウスウェールズ州代表になるも、念願の豪州代表=ワラビーズには届かなかった。
なんと、奥さんは日本人で1995年に来日。
翌年は東海大でコーチ就任。
2001年から豪州代表監督。2003年W杯では、最強の呼び声が高かったニュージーランドを準決勝で破っている。

|

October 04, 2015

日本代表8強の可能性は?

ラグビーW杯。サモア戦に勝利した日本の勝ち点は8。
一方、同じB組では南アフリカが、スコットランドを34―16で下し、勝ち点は11。
敗れたスコットランドは10になった。

Img_20151004_052457

日本の8強入りの可能性を考えてみよう。
日本は、まず1次リーグ最終の米国戦で勝って勝ち点4を得た上に、4トライ以上を挙げてさらに1ポイントを積み上げても勝ち点は13。
南アフリカが7日の米国戦に勝てば勝ち点は15。
スコットランドは、10日のサモアに勝てば勝ち点14。
日本対米国は11日夜の米国戦を前に各組上位2チームによる準々決勝に進めない可能性が高い。
サモアに頑張ってもらうしかないんだな。

話は変わるが、スポーツ界の3大W杯は、サッカー、ラグビーそしてクリケット。
今回のラグビーW杯の開催国ングランドが、決勝トーナメントに進めなかったことを受けて、イングランドは直近の3大W杯でいずれもグループリーグで敗退したと嘲笑されている。

|

September 21, 2015

W杯ラグビー 南ア戦を見て


電通の元専務というのはT氏ですよね。T氏の人脈はFIFAでありIOCであり、ワールドラグビー(旧IRB)に対してはどうなんでしょうか。
南ア戦に工作したとして得をするとするのは、2019年大会を成功裡に持っていきたい人たち=森氏が中心にいる。
あり得ない話ではないでしょう。
ただ、南アのラグビーは故マンデラ大統領の在職時の1995年に地元開催、優勝さらに民族融和にも多大な影響を与えた、米国の協力があったにせよ「インビクタス」のタイトルで映画化され大ヒットしました。
いわば、南アフリカにとっては、日本でいえば1964年の東京五輪のように歴史的意義がある。南アが将来のW杯再招致を考えている中、工作に応じた可能性は少ないのではないでしょうか。

W杯の組み合わせに日本に都合のいいように(勝てそうな国と一緒になる)圧力をかけた、ということは考えられます。
が、組み合わせが決まったのは2012年12月、2020年東京五輪が決まる随分前です。
T氏も何も、招致活動で大変だった時期です。
とは言えアジア代表と米大陸第二が同じ組になる、どちらも未定ながらアジア代表は90%以上日本になると見られており、米大陸第二がカナダであれ米国であれ、勝つ可能性は十分にあった。
特にカナダだったら、2011年大会で引き分けており、今度こそ勝ちたいと関係者は普通に思ったでしょう。

それでも工作までする可能性はないでしょう。
実際の日本代表対南アフリカ 生では見ていませんがラグビーの素晴らしいところが存分に楽しめたいい試合だったと思います。
次戦のスコットランドは、向こうも相当のプレッシャーを感じているでしょう。
好ゲームになるでしょうし、再び日本が勝つかもしれません。


>日本ラグビー協会やラグビー関係者は誰もこのような奸譎かつ不明朗なことに対して声を上げない。

安保法制に対して暴走する安倍氏に、自民党内部から誰も意見できないことに似ていると思いますよ。
こちらの件は、ちょっと時間がないのでいずれまた書きます。

|

July 18, 2015

ラグビーワールドカップ 日産スタジアムが新国立競技場の代替であることはシナリオ通り

ザハ案による新国立競技場の建設が白紙撤回された。
2019年に開催されるラグビーW杯の開催競技場から新国立競技場が外れ、日産スタジアムがメインスタジアムになる。
今日は、一日このニュースが流れたが、『新国立から日産へ』の流れは、昨年の暮れには既に決まっていた。

ラグビーW杯の国内開催候補地の申請は、昨年10月末で締め切られている。
その際に立候補した自治体は14か所。
この中から10か所程度に絞られるとされていた。

Photo
(朝日新聞2014年11月8日より)

ところが、今年3月になって組織委員会から公表されたW杯開催地12の中に、なぜか10月の時点で名前のなかった横浜市・日産スタジアムの名前があった。
新国立競技場がW杯に間に合わない可能性が高く、急きょ日産スタジアムが追加されたと見ることができる。

Photo_2
(東京新聞2015年3月3日より)

ラグビーW杯のメイン競技場(決勝戦を行う競技場)は、過去に開催された大会において、概ね8万人以上の収容能力があった。
唯一の例外が、前回2011年のNZ大会。
決勝はオークランド市にあるエデンパーク。
通常5万人の収容スタジアムに仮設席を設け、6万を超える観客が埋まった。

日本国内において、過去の大会と伍するだけの収容能力がある競技場は、日産スタジアムと新国立競技場しかない。
しかし、日産スタジアムはラグビーの国際競技団体=ワールドラグビーの定めるグラウンドの広さに足りず、トラックを含めた改修費用がネックとなることから使用しない筈だった。
(現時点で、日産スタジアムに次ぐ規模の埼玉スタジアムは、球技専用競技場だが、サッカーを前提にしており、ラグビー場としては、日産よりもさらにグラウンドの広さが不足する。)

にも関わらず、公表された開催地には日産スタジアムの名前が入っているのだ。
そして、今年の5月29日の横浜市議会では、ラグビーW杯 開催都市分担金として7600万円の補正予算が計上されている。

開催分担金は、W杯開催地のすべてが負担するものだが、横浜市が補正予算としている点で、日産でのW杯開催が当初の予定外、新国立競技場が2019年に間に合わず、その代替とされたことと結びつくのだ。



|

June 30, 2015

ラグビーワールドカップで新国立競技場を使わなければ1年延びる?

下村博文文部科学相は、2020年東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の整備費に充てるため、命名権(ネーミングライツ)の売却を検討する考えを示したという。
2520億円という前代未聞の総工費をかける新国立競技場の責任者は、なかなか独自の金銭感覚をお持ちのようだ。

シドニー五輪のメイン会場だったスタジアム・オーストラリア。
その総工費は日本円にして460億円~510億円だった。
2008年より、地元豪州の銀行、ANZ銀行が命名権を購入して、現在はANZスタジアムと呼ばれている。
その額が年間450万豪ドル。

一見とても大きな金額のように思えるが、現在のレートで4億2500万円に過ぎない。
下村大臣は、命名権等で200億円集めたい意向のようだが、道は果てしなく遠そうだ。

さて、このANZスタジアムことスタジアム・オーストラリアだが、シドニー五輪の際は11万人収容の陸上競技場だった。
が、陸上のトラックと一部の座席を撤去して、現在は多目的球技場となっている。
今年の1月に行われたサッカーのAFCアジアカップを覚えているだろうか。
日本代表がPK戦で敗れたUAE戦や、決勝の豪州対韓国などが、このスタジアム・オーストラリアで行われた。

また、2003年に行われたラグビーワールドカップのメイン競技場でもある。

日本でも東京五輪の前年、2019年に開催されるラグビーワールドカップのメイン競技場に新国立競技場が決まっている。

筆者の新国立競技場に対しての意見は、『五輪とラグビーを分けよ』だ。
ラグビーワールドカップに間に合わせるため、新国立の竣工は2019年5月。
ラグビーワールドカップのメイン競技場を、日産か埼玉に譲れば新国立竣工に1年間余裕が生まれる。

が、
森喜朗東京五輪競技大会組織委員会会長 早稲田大ラグビー部出身(Wikiによると4か月で退部)
遠藤正明五輪担当相 中央大ラグビー部出身
河野一郎独立行政法人日本スポーツ振興センター理事長 東京医科歯科大学ラグビー部出身

の3人がいずれも強力なラグビー関係者で、ラグビーワールドカップから新国立を外すことを許しそうにないのだ。


●最近のラグビーワールドカップのメインスタジアム
1999年 ウェールズ大会 ミレニアムスタジアム
カーディフ市 収容74,500人 ラグビーウェールズ代表の聖地 

2003年 オーストラリア大会 テルストラスタジアム(スタジアム・オーストラリア)
シドニー五輪メインスタジアム 収容83,500人(五輪開催時は110,000人)
現在は命名権によりANZスタジアム

2007年 フランス大会 スタッド·ドゥ·フランス
1998年FIFAワールドカップメイン会場 収容81,338人

2011年 ニュージーランド大会 エデンパーク
オークランド市 収容50,000人
大会中は仮設スタンドを設け、決勝戦は61,079人を収容した。

2015年 イングランド大会 トゥイッケナム・スタジアム
ロンドン郊外のトゥイッケナムにあるラグビー専用競技場
収容82,000人
イングランドのサッカーの聖地 ウェンブリー ラグビーW杯でも使用。
グランドのラグビーの聖地 トゥイッケナム
なお、オリンピックスタジアムは3位決定戦ほか5試合が行われる。



|