バレーボール

September 17, 2015

なんだかおかしいバレーボール世界ジュニア選手権

男子バレーに注目が集まっている。
女子に続いて開催されている男子のW杯バレーで、全日本が健闘している。
7戦して5勝2敗。
1995年大会で7勝を挙げており、そのときに次ぐ5勝目だそうだ。

ほとんどニュースになっていないが、この時期バレーボールの(公式な)国際試合が並行して行われている。
一つはプエルトリコで行われている女子の世界ジュニアU20選手権、もう一つはメキシコで開催中の男子の世界ジュニアU21選手権だ。

男子の世界ジュニアに問題がある。

昨年10月 世界ジュニアの予選を兼ねたアジアジュニア選手権がバーレーンで開催された。
アジア代表として、世界ジュニアに進めるのは上位4か国。

18thasiajr

まず参加資格
1995年1月1日以降に生まれた者とある。
現全日本の選手でこれに該当する選手が2人いる。
石川佑希と高橋健太郎だ。
このときの全日本ジュニアに石川、高橋はレギュラーとして参加している。
石川がいるのだから、アジアを勝ち抜くくらい楽なもの、そのときは本当にそう思っていた。
が、なんとクォーターファイナルラウンド(1-8位決定戦)で韓国にストレートで敗れた。
5-8位決定戦に回り、カタール、台湾に勝利し、何とか5位で大会を終えた。
世界ジュニア出場はならなかったのだ。

最終順位
1位: イラン
2位: 中国
3位: 韓国
4位: バーレーン 以上世界ジュニア出場権獲得
5位: 日本

ところが、今年の7月になってJVAのサイトにこんなインフォメーションが載せられた。

全日本ジュニア男子チームは、昨年2014年にバーレーンのマナーマで行われた第17回アジアジュニア男子選手権大会(U-20)で5位となり、アジア代表としての出場権を獲得できませんでしたが、メキシコと大陸代表を除いてFIVBジュニア男子世界ランキングで上位6チームに入ったため、本大会の出場権を獲得しました。

なんと、アジアジュニアから出場権を得たのはイランと中国のみ。
日本は世界ランキングで、韓国とバーレーンを上回り出場権を得たという。

http://www.fivb.org/en/volleyball/VB_Ranking_U21_2014-12.asp

おいおい、話が違うじゃないか。
アジアジュニアの上位4位という当初のルールはいったいどこへ行ってしまったのか。
しかもこの世界ランキングは、各大陸選手権(日本の場合は2014年のアジアジュニア)の結果よりも、2013年に行われた世界ジュニアの順位にウェイトが置かれている。

ということは、前回の世界ジュニアに出ていない国は、ランクが低くなる。
2013年世界ジュニアで日本は10位、韓国、バーレーンは出場できていない。
そのため、日本が出場権を得たようだ。

スポーツにルールはつきものだが、このケースは途中で勝手にルールが変えられている。
いつものように日本が元凶になって、世界のバレー界が歪められている。


|

October 08, 2014

世界バレーの謎

イタリアで女子の世界バレー選手権が開催中だ。
と言っても全日本は2次リーグで敗退、7位タイで競技を終了している。
前回大会の4年前は、日本開催で3位に入り、32年ぶりの銅メダルを獲得と騒がれた。
今年のテーマは「世界一にチャレンジ」ということだったが、1次リーグに中国にフルセットで敗れたことが致命傷となりメダル争いに加わる前に姿を消した。

独占放送権を持つTBSは、夕方から23時頃までアジア大会の中継をし、ニュース23を挟んで午前零時頃から世界バレーの日本戦を生中継するというスケジュールを取った。

Sekaivolley_2

そう。
イタリア開催であるにも関わらず日本時間の0時前後、イタリア時間の17時前後から、連日日本の試合があったのだ。
唯一の例外は対イタリア戦。この日のみは午前3時から(イタリア時間の20時から)の試合だった。
日本時間の0時であれば、深夜や昼間に比べれば見てくれる人も多いだろう。
試合時間が約2時間として、終了時刻は午前2時頃。
毎晩付き合うのは無理としても、対戦相手によっては起きている、という人もいたのではないか。

フジテレビの藤山太一郎氏は、大会期間中にこういったツイートをしている。



要するに1次リーグの17時から試合というのはもちろん、2次リーグ以降はもTBSの意向で開催国のイタリア戦以外は、試合時間は動かせたという事。
フジテレビの人がなぜTBSの事情をツイートするかというと、来年はW杯バレーがあり、フジが中継をする。
TBSとフジテレビはバレーボールでは映像を貸し借りするなどの友好関係にあるのだ。

開催国イタリアは常にイタリア時間の20時から試合開始。
おそらくは、イタリアでもこのくらいの時刻がゴールデンタイムで、テレビ観戦がしやすい時間なのだろう。

一方で、アジアから参加した4か国の中で唯一3次リーグに駒を進めた中国は、午前10時半からの試合もあれば20時からの試合もあった。
コンディション作りには苦労しただろう。
けれどもこれが普通の海外での大会だ。


|

December 06, 2011

男子バレー植田辰哉監督続投を考える

男子バレーがW杯で2勝しかできなかった。
史上最低の10位(12か国中)で、さらにその前のアジア選手権でも5位と惨敗していても、監督の植田辰哉氏が解任されることはないという。

植田氏は北京五輪で全敗しても、16年ぶりに全日本を五輪に導いたことを評価され、北京後も続投となった。
女子の真鍋政義氏も同様で、2人は4年間の契約を結ぶ、ロンドン五輪終了までがその任期だ。
ただ、丸々4年間を任せるのではなく、2010年の世界選手権で「その契約を見直す」とあった。

世界選手権で女子は32年ぶりのメダルを獲得し、真鍋氏は文句なく続投。
植田氏率いる男子は、昨年のイタリア世界選手権の1次ラウンドでイタリアとイランに敗れエジプトに勝って辛うじて2次ラウンドに進出したものの、アルゼンチンとフランスに完敗して2次ラウンド敗退、24か国中13位タイという成績を残した。

世界選手権で勝った国、負けた国に注目して欲しい。
今回のW杯でも、フランス(出場していない)を除いて対戦し、その勝ち負けは全く変わっていないのだ。
190センチ前後の日本が、2m以上が普通の外国勢とまともに打ち合って勝てるわけがない。
なのに工夫が全くない。
ジャンプサーブもレシーブも肝心なところで必ずミス、植田氏から適切な指示が出ないのは、全く世界選手権もW杯も同じだ。
では、何故植田氏は続投となったか?
世界選手権に続いて行われた広州アジア大会で、日本が思いがけなく優勝したからだ。

アジア大会の日本は、2次ラウンドでインドに2-3、韓国に1-3に敗れ、F組4か国中3位で決勝トーナメントに辛うじて進出した。
ところが、準々決勝では中国に3-0、準決勝で韓国に3-2、決勝でイランに3-1で勝ち、金メダルを獲ってしまった。
そこが評価されて植田氏続投になったと思われる。
だが、ここでもよく見て欲しい。
アジア大会の2次ラウンドで負けたインド、韓国には今年のアジア選手権でも同じような形で敗れているのだ。
素人目に見ても、2年続けて世界の強豪どころか、同じアジアのライバル国にも負ける植田ジャパンに、来年6月の世界最終予選までに成長する余地があるとは思えない。

今回のW杯で2位になって五輪出場権を手にしたのはポーランド。
ポーランドは2010年の世界選手権では、日本と同じ13位タイに甘んじたチームだ。
ところが、今年2月からポーランド代表を率いた監督はイタリア人のアンドレア・アナスタージ氏。
アナスタージ氏は、北京五輪の最終予選でイタリア代表を率いた人物といえば思い出す人もあるかもしれない。
そのアナスタージ監督の下ポーランド代表は、今年欧州選手権3位、ワールドリーグ3位、そしてW杯では2位に入った。
ポーランドは1976年のモントリオール五輪の金メダル国。
が、その後の世界の趨勢からは乗り遅れ、五輪には出たり出なかったりを繰り返していた。
いわば日本と似たところがある。
監督を変えたことによって再生できたよい例とはならないだろうか。
ポーランドは2014年の世界選手権開催が決まっており、ロンドン五輪でも古豪復活となりそうだ。

| | Comments (0)

November 22, 2011

田中JAPANに似ている植田JAPAN

男子バレーのW杯は今日3試合目を迎える。
これまでイランに1-3、アルゼンチンに2-3で敗れ、勝ち点は1。
日本以外の11カ国のすべてが日本よりも上位ランキングであることから、1勝もできないのではないか?といわれていたが、その可能性も否定できない。

現在の全日本監督の植田辰哉は、田中幹保の後を受け、2004年から監督を務めている。
この間アジア選手権は2005年優勝、2007年2位、2009年優勝、アジア大会も2010年に優勝。
そして2008年には男子全日本を16年ぶりの五輪に導いた。

が、このあたりから歯車が狂いだす。

北京五輪では選手起用、采配が悪く、1勝もできずに11位タイ。
今年イランで行われたアジア選手権ではインドや2軍に近い韓国に敗れ5位に沈んだ。
W杯前にはイタリアで単身活躍する越川優を全日本から外し、実績の乏しい八子大輔を加えた。
そして開幕。サーブ、レシーブにミスが多い中、早い攻撃を要求する余りセッターのトスが低くなり、スパイクミスを誘うか、相手のブロックにぶち当たる。

さらにレギュラーで活躍する選手の中に眉毛を抜いている選手がおり、顔を見るだけで応援しようという気力が萎える。


8年前の男子バレーもこれに近い雰囲気だった。
このとき監督を務めていたのは田中幹保。
自身は1976年、1984年とニ度の五輪をエースで参加した実績があるが、人を指導するのは苦手らしい。
自主性に任せるとでもいうのだろうか、練習でも、試合でも指示を出さない、語らない。(このあたりは植田とは違うのかもしれない)

2003年のアジア選手権では韓国、イランどころかインド、パキスタンにも敗れる醜態を見せ史上最低の6位。
当事者意識の薄い日本バレーボール協会も、W杯開幕を前に重い腰を上げた。
強化委員長だったミュンヘン五輪金メダリストの一人森田淳悟。
「緊急事態なので私が監督になって強化に当たりたい。今のチームより、みなさんに感動を与えられると思う」
とまで言い、田中を降ろそうとした。
ところが、森田が総監督を務める日体大バレー部が、全日本大学選手権で不正抽選を行っていたことが発覚、森田は協会に進退伺を提出、田中降ろしはできなくなった。

W杯では田中が引き続き監督を務め、開幕からエジプト、中国、カナダに3連勝するも、その後8連敗し9位に終わった。
田中JAPANのさらに下を行きそうな植田JAPANだ。

20032007


| | Comments (0)

November 15, 2010

女子バレー 3位決定戦視聴率は20.5%

世界バレーの最終日、日本が32年ぶりのメダルを獲得した米国との3位決定戦のテレビ中継(TBS系)の平均視聴率は20.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。
瞬間最高視聴率は35.9%。
また、日本がブラジルに惜敗した13日の準決勝のテレビ中継(同)は平均21.6%、最高29.1%だった。

スポーツ番組が押し並べて高い視聴率が獲れなくなっている今の時代、20%を超したことは特筆に価するのではないか。

今年の日本シリーズ ロッテ対中日とほぼ同じ数字だ。

日本シリーズ
第6戦 
平均視聴率も18・9% 瞬間最高視聴率27・9%

第7戦
平均視聴率20・6% 瞬間最高視聴率34・1%
(中継はいずれもフジテレビ)


●参考
第86回箱根駅伝
往路 1月2日(土) 27.2%
復路 1月3日(日) 27.9%
(中継はいずれも日本テレビ)

バンクーバー五輪
開会式 2月13日(土) 25.4%
フィギュア女子フリー 2月26日(金) 36.3%
女子チームパシュート決勝 2月28日(日) 20.5%
(中継はいずれもNHK)

FIFA W杯
日本対パラグアイ 6月29日(火) 57.3%
日本対カメルーン 6月14日(月) 45.5%
日本対オランダ 6月19日(土) 43.0%
日本対デンマーク 6月25日(金) 30.5%
(中継はオランダ戦はテレビ朝日 デンマーク戦は日本テレビ 他はNHK)

| | Comments (0)

November 14, 2010

日本バレー惜敗 ソウル五輪の準決勝を思い出した

今日の世界バレー日本対ブラジルの試合を見て思い出した試合がある。
ソウル五輪の準決勝ペルー戦だ。

ソウル五輪の日本は、初戦でソ連に3-2で辛勝するも、2戦目の東独戦は2-3で惜敗する。
準決勝を掛けた地元韓国戦には3-1で勝ち、準決勝進出を決めた。
準決勝の相手はペルー。

4年前のロス五輪では3位決定戦で対戦し日本が勝利、銅メダルを決めた。
(結局これが女子バレー最後のメダルになるのだが・・・。)

ソウル五輪のペルー戦、日本は1、2セットを落とし、ペルーに先行を許したが、よく粘り3、4セットを奪い、フルセットに持ち込んだ。
そして最終セットも12-9とリードしながら、勝負をあせって逆転された。

もうひとつの準決勝はソ連が中国に勝ち、銅メダルをかけた中国との一番で日本は完敗する。
日本は、ソウル五輪でのメダル獲得に危機感を持ち、引退していた丸山由美(旧姓江上)を現役復帰させたが、メダル死守はならなかった。
以後、五輪・世界選手権で日本が準決勝にすら進むことは2010年までなかった。

ペルー3(15-9 15-6 6-15 10-15 15-13)2日本
▲今見ると面白いスコアだが、もちろんラリーポイント制以前のサーブ権式での試合だ。

ペルーは地元開催の1982年の世界選手権で準優勝(日本4位)、86年3位、そしてソウル五輪では決勝でソ連に敗れたが銀メダルを獲得した。
1960年~70年代には加藤明氏(故人)、80年代には韓国人の朴万福氏が監督を務めた影響が大きく、南米には珍しく拾ってつなぐバレーをした。

予選リーグ
日本○3-2●ソ連
東独○3-2●日本
日本○3-1●韓国
準決勝
ペルー○3-2●日本
3位決定戦
中国○3-0日本

最終順位
①ソ連②ペルー③中国④日本

全日本メンバー
大林 素子、川瀬 ゆかり、佐藤 伊知子、杉山 明美、杉山 加代子、高橋 有紀子、滝澤 玲子、中田 久美、廣 紀江、藤田 幸子、丸山 由美、山下 美弥子

| | Comments (0)

October 29, 2010

世界バレー今日開幕 セッターは人材難

ご存知全日本のセッターは159センチの竹下佳恵が務める。
2003年のW杯から正セッターを務めるが、何と言っても身長が低く、竹下が前衛に来たときに穴になり、失点を重ねやすい。
長身のセッターが待望されており、北京五輪後には竹下全日本引退との流れもあった。
ところが、真鍋監督は正セッターに竹下を起用、現在32歳だが、恐らくロンドン五輪までこの体制になるだろう。
問題は第二セッターだ。
別表のように竹下の控えとなるセッターは毎年ように代わっている。
現在の全日本監督真鍋政義氏も柳本晶一氏も現役時代はセッターで、ともに新日鉄、全日本のセッターを務めた。
気になるのは、その2人の監督が竹下の控えとして選出してきた選手が、いずれも期待に応えられずに全日本を去っていることだ。

今日開幕する世界バレーでは、なんと中道瞳(東レ)が9月になってから追加登録され、10月になって急遽全日本に合流した。
Vリーグのチャンピオンチームのセッターであり、トスの柔らかさとスピードには定評があるものの、身長は竹下と同じ159センチ、年齢も25歳と決して若くない。
セッターは思いのほか人材難と言えそうだ。

●主な選手の国際大会出場状況
Volleysetter

2003年以降の女子バレーの主要大会における出場状況を見ると、竹下と木村沙織が皆勤となる。
木村は2003年当時まだ高校2年生だったが、それから8年 不動のエースとなった。
女子バレーは、世界バレーに全日本が出場するため、日程の近いアジア大会はB代表が出場する。
こちらのチームには木村の妹 木村美里(19歳)がリベロとして出場する。
185cmの姉に対し、美里は161㎝。
姉妹で20㎝以上身長が違うのも面白い。

| | Comments (0)

October 05, 2010

世界バレー男子 1978年以降全日本の対戦結果

197886

199094

1998

2002

200610

| | Comments (0)

September 28, 2010

日本なんとか2次ラウンドへ 世界バレー

イタリアで開催中の世界バレー男子 3日目既に2敗している日本は背水の陣でエジプトと対戦した。
日本は第1セットを32-34、第2セットを23-25で落としたが、ここから逆転勝ち。第3セットは福沢らの活躍で25-19、第4セットは米山の好守などで25-17と連取し、最終セットも15-13で押し切った。
これでA組3位となり、辛くも2次ラウンドに進出した。
2次ではフランス、アルゼンチンと対戦する。

日本

3-2

エジプト

32-34

23-25

25-19

25-17

15-13

イタリア

3-2

イラン

25-21

25-10

21-25

26-28

15-13

順位

国名

勝点

勝利

敗北

得点

失点

得点率

得セット

失セット

セット率

1

イタリア

6

3

0

262

207

1.266

9

2

4.500

2

エジプト

4

1

2

243

254

0.957

5

6

0.833

3

日本

4

1

2

259

274

0.945

4

8

0.500

4

イラン

4

1

2

247

276

0.895

5

7

0.714

*今大会の勝ち点は勝利2点、敗北1点の変則型

●2次ラウンドの予定 
M組 日本(A組3位) フランス(E組1位) アルゼンチン(D組2位)
9月30日 フランス-アルゼンチン
10月1日 日本-フランス
10月2日 アルゼンチン-日本

2次ラウンドへの進出を決めた日本だが、まだ世界バレーの史上最低順位になる可能性は十分ある。

開催国

参加国

優勝国

日本の順位

1970

ブルガリア

16

東ドイツ

3

1974

メキシコ

24

ポーランド

3

1978

イタリア

24

ソ連

11

1982

アルゼンチン

24

ソ連

4

1986

フランス

16

アメリカ

10

1990

ブラジル

16

イタリア

11

1994

ギリシャ

16

イタリア

9

1998

日本 

24

イタリア

15

2002

アルゼンチン

24

ブラジル

9タイ

2006

日本

24

ブラジル

8

| | Comments (0)

September 27, 2010

土俵際 世界バレー男子

この週末から世界バレー・男子がイタリアで始まった。
参加国は24カ国。
1次ラウンドの各組4カ国の内上位3カ国 計18カ国が2次ラウンドに進出できる。
日本は、1次ラウンドではA組(イタリア、日本、イラン、エジプト)に入った。
世界ランクはイタリア5位、日本12位、エジプト14位、イラン18位。
開催国イタリアを除けば日本が最上位であり、2次ラウンド進出はほぼ間違いないグループに入ったと思われていた。

ところが、
25日 日本0-3イタリア 
26日 日本1-3イラン
と早くも2連敗し、残りエジプト戦があるものの、1次ラウンド敗退が濃厚になった。

世界バレーのアジア予選は昨年行われ、20カ国以上がエントリーした。
上位4カ国が本大会に進出することになっていた。
日本はアジア最終予選で、イラン、韓国、カザフスタンに勝利し楽々と本大会出場を決めていた。
アジアから本大会進出した4カ国は日本のほか、イラン、中国、豪州で、世界バレー常連の韓国は予選敗退だった。


ところが、世界選手権の本番ではアジア予選で3-1と完勝したイランに逆に1-3で敗れ、1次リーグ敗退という土俵際に追い詰められたのだ。
実は、8月にあったワールドリーグの予選でも、6年間負け知らず、世界バレーに出場できない韓国に2敗、完敗している。

2008年の北京五輪出場権を獲った際には、朝長孝介が正セッターで控えが宇佐美大輔。
五輪後に朝長が教員になり引退すると、宇佐美大輔が正セッター、阿部祐太が控えになった。
ところが宇佐美がこの6月に故障で両足首を手術で全日本を外れ、阿部もまたケガで全日本を外れた。
対韓国の連敗は、全く新しいセッターを起用したから、という言い訳も使えたが、今回は阿部が復帰し、そうは行かない。
今年はワールドリーグに出場できなかった分、十分に国内で調整が出来たはずなのだが・・・。

植田監督によるオールアウトという名の肉体の酷使
監督-選手の信頼関係の不足
極度の選手層の薄さ
長身選手の少なさ
海外での試合の経験不足
負けるべくして負けた理由は、いくつも出てくる。

なんといっても、189センチのウィングスパイカーに190強のミドルブロッカーでは、世界に対抗できない。
低身長をカバーすべく、ジャンプ力をつけようと身体に強い負担をかけ、結果ひざを悪くする。
この選手層の薄さはひどすぎだ。
バレーボールはジャニーズに応援されるカッコ悪いスポーツ、と中高生に思われているから、競技人口は激減しているのにまだ協会は判らないようだ。

| | Comments (0)